あそこ 臭い 対策

あそこが臭い人の対策|絶対に解消しよう

あそこが臭い人の対策について

女性にしかないものはいくつかありますが、特に気になるもののひとつが、あそこの臭いです。
ここで、女性特有のあそこの臭いについて見ることにします。

 

正常な時には臭う

あそこは膣内にいるデーデルライン桿菌と子宮と膣内の分泌物ですから、
正常なおりものに変な臭いはありませんが、時には多少臭います。
ただしこの臭いは嫌な臭いではなく、ある意味では女性らしい匂いです。
おりものは生理の前後には排卵があるので、多少量が増えて臭いが強くなる傾向があります。

 

異常なおりものは不快な臭いがする

アソコが不快な臭いになる時は、膣内で雑菌が増えている可能性があります。
膣と膣周辺が汚れていると、雑菌が繁殖しやすい環境になり、
膣内にいるデーデルライン桿菌が雑菌を防ぎきれず、異臭が発生します。

 

また、ストレスや体調不良で女性ホルモンが乱れると、
アソコの自浄作用が低下して雑菌が繁殖しやすくなります。
また、抗生物質を服用した場合、肝心の殺菌とともにデーデルライン桿菌も殺菌されて、
結果として雑菌が膣内で増殖して不快なあそこの臭いになります。

 

石鹸やビデの使い過ぎも不快なあそこの臭いの原因

膣と膣周辺をきれいにしようとして石鹸などで洗い過ぎたり、
ビデを使いすぎると、デーデルライン桿菌を含む必要なおりものが洗い流されてしまい、
結果として膣の自浄作用が低下します。
自浄作用が低下すると、雑菌のためにおりものが不快な臭いを発します。

 

あそこの不快な臭いと膣の病気

あそこの臭いが不快で、同時におりものの色が黄色や緑色になり、
形状がボロボロになったりして、さらに強い痒みを感じた場合は、
膣の病気である可能性が大です。

 

すなわち膣の炎症や感染症の疑いが濃厚ですから、
痒みを我慢したりしないで婦人科で診察を受けましょう。
なお、代表的な膣の病気には、膣カンジダ症やトリコモナス膣炎、細菌性膣炎などがあります。

 

ホーム RSS購読