あそこのニオイは誰もが気になる

デリケートゾーンの臭いは、自分だけの深刻な悩みであり、なかなか打ち明けられません。ですが、この悩みに直面した事のある女性は、驚くほど沢山います。

 

特に新しい彼氏ができた時には、真剣に悩みます。

 

女性の体の仕組み上、そしてデリケートゾーンという場所の環境を見ても、ある程度臭うのは残念ながらどうしようもないのです。

 

ですが「悩み」の程度は時代によって変化しませんが、「ケア方法」は変化し、進化しています。あそこの臭いを改善するアイテムの研究が日々行われ、飛躍的な進歩を果たしています。

 

今では、女性特有のアソコの悪臭を、若かった時のように、悩むことのない程度まで自己ケアで解消する事ができます。

 

まず臭いレベルをチェックしよう

以下に該当する場合は、あそこの臭いケアを検討するべきです。

・自分でもあそこの臭いで嫌になっている
・行為後、相手が手を妙に丁寧に洗っている
・舐めてくれる事が少なくなった
・そもそも行為自体減少した

自分でさえ、嫌になっているのであれば、周囲の人はもっともっと匂っているはずです。パートナーの場合、鼻を近づける事もあるわけですから、ハッキリ言って想像を絶します。

 

愛し合った後に、お相手が妙に真剣に手を洗うのも、おそらくアソコが臭かったからです。そのままでは、徐々に行為の回数自体が減少していくでしょう。

こんなアンケート結果もで出ているんです。
実はあなたの彼も同じことを思っているかも、、、

 

 

では、アソコが臭う原因は?

「生臭い」と表現したくなるような特有の臭いをあそこが発している場合、その要因は、多種多様で複雑怪奇です。その原因を簡潔にまとめるとこうです。

・陰毛に付着した悪臭
・オリモノの残骸が原因の細菌
・膣の中、子宮頚部から出てくる老廃物
・拭き残ってしまった便や尿
・垢、汗、雑菌などが腐った臭い

 

嫌になるほど、明らかな悪条件が並んでいますが、さらに最悪な事に、
デリケートゾーンは常時、湿度と温度が高く、蒸れています。

 

この環境のせいで、さらに頑固に付着してしまいますから、一回付着してしまった強烈な臭いは、多少洗浄した程度では解消できないのです。

 

あそこは非常に発汗しやすい場所であり、人体の2種の汗腺の内、アポクリン汗腺というクサイ汗を出す方が集中しているのです。

 

さらに、デリケートゾーンは粘膜でカバーされ、たくさんのたんぱく質が存在するので、雑菌から見れば、これ以上なく殖えやすい場所なのです。

 

ですが臭いの要因はオリモノ、汗、尿など女性が生きる中では欠かせないものばかりです。

 

男子の本音!あそこの臭いについて赤裸々に言及↓↓

あそこの臭いを徹底的に解消するには

多くの女性があそこの臭いで苦しんでいますが、今では、アソコのための専用石鹸やケアアイテムが多く出回っています。中には、臭いと一緒に黒ずみも解消してくれる、何とも女性に嬉しい商品もあります。

 

本サイトでは、総合口コミサイト、美容雑誌、専門誌の情報をベースにして、おすすめの人気アイテムをランキング形式で紹介していきます。

あそこの臭いを解消|おすすめ人気石鹸・ジェルランキング

アンボーテ フェミニーナウォッシュ

オーガニック認証COSMOSはヨーロッパで最も権威ある認証機関のひとつです。デリケートゾーンのニオイに悩む女性にとって強い味方であるアンボーテ フェミニーナウォッシュは、COSMOSの認証を受ける安全性の高いデリケートソープです。

 

アンボーテ フェミニーナウォッシュは、皮膚の乾燥が原因で発生する悪臭をカットするというコンセプトで開発されました。潤い成分を贅沢に配合し、デリケートゾーンを洗うだけで保湿効果が期待できます。

 

美容成分は基本的にオーガニックですから、肌への刺激は最小限というところも魅力です。

 

 

価格 容量 評価
定期 3,980円 150ml あそこ,臭い,対策

ピーチジョン

デリケートゾーンの困ったニオイの消臭にはピーチジョンが効果的です。ピーチジョンは汚れを落とし、黒ずみを防ぐというシンプルなコンセプトのウォッシュオイルです。

 

純国産・無農薬のオーガニック素材だけで作られており、石油系、動物油系の成分はまったく使われていません。これがピーチジョンの評価の一端です。老廃物を除去する効果に長け、デリケートゾーンは清潔な状態を保つことができます。

 

自然派由来の保湿成分がたっぷり配合されており、デリケートゾーンは最適な潤いを保ちます。ノンシリコンはもちろん、遺伝子組換え原料や合成着色料、染料は不使用です。

 

 

価格 容量 評価

定期 2,975円
(1回のみ解約OK)

100ml(2ヶ月分) あそこ,臭い,対策

シークレットレディ ジャムウソープ

女性はニオイに敏感ですが、特にご自身のデリケートゾーンのニオイの悩みは深刻です。そうした他人に相談できない悩みを解決してくれるのが、シークレットレディ ジャムウソープなです。

 

ニオイばかりでなく、黒ずみ、ムダ毛処理後のケア、肌の引き締めにも、ジャウムの効果は十分期待できます。

 

さらにローズがほのかに香る石鹸なので、使用後のリラックス効果も高いです。パフュームも3種類配合されているのも人気の秘密です。

 

 

価格 容量 評価
1,955円

(泡たてネット付き)

100g あそこ,臭い,対策

シェリーケア

デリケートゾーンのニオイに悩みに対応すべく登場したのがシェリーケアです。

 

マンダリンオレンジ、ラベンダーの優しい香りのシェリーケアは、肌の潤いをキープするアロエベラ液汁、肌のダメージを遠ざけるカンゾウエキス、肌荒れの防止にはコンフリーエキス、肌のバリア機能を高めるカミツレエキスなど、自然素材を原料とするハーブを配合しています。

 

完全無農薬栽培のこだわりがあり、安全性は極めて高いです。

 

 

価格 容量 評価
定期初回 2,116円 50ml あそこ,臭い,対策

ジャムウハーバルソープ

ジャムウハーバルソープはかなりの販売数をマークしている人気の商品です。

 

デリケートゾーンがメインですが、腋のニオイにも対応しており、さらには角質除去、黒ずみの改善などの効果も高いのが、ジャムウハーバルソープの特長です。商品名にも含まれている「ジャムウ」に注目する女性は多く、インドネシア古来の天然ハーブで、知る人ぞ知る、高い消臭効果を持った成分です。

 

アジアのハーブだけに、日本人女性の肌との相性も抜群で、ハンドメイド石鹸なので、安全性の高さもお墨付きです。

 

 

価格 容量 評価

1,895円
(泡たてネット付き)

64g あそこ,臭い,対策

コラージュフルフル泡石鹸

デリケートゾーンはもちろん、身体の汚れ、そして雑菌やニオイをカットする薬用石鹸コラージュフルフル泡石鹸は、腋などの強いニオイには非常に効果的に作用します。

 

デリケートゾーンのニオイの原因は、雑菌です。コラージュフルフル泡石鹸は「泡」の力が作用して雑菌の繁殖をセーブします。

 

肌への刺激は最小限に抑えていますので、洗顔にまで使用できるので利便性は高いです。

 

 

価格 容量 評価
2,300円 300ml あそこ,臭い,対策

ロンタルハーバルジェルソープ

ロンタルハーバルジェルソープは、ケアの方法を誤ってかえってニオイなどを悪化させてしまった女性の救世主的な存在です。

 

ニオイ、黒ずみといった悩みを効果的に解消するのがロンタルハーバルジェルソープの効能です。ジャウム、柿タンニン、ミョウバンなどのパワーにより、問題を解決します。

 

ロンタルハーバルジェルソープは弱酸性美容ジェルタイプですから、洗っても肌に優しいというメリットがあります。

 

 

価格 容量 評価

4,590円 (2本セット)
(泡たてネット付き)

156g (1本) あそこ,臭い,対策

愛肌ソープ

ニオイはもちろん、黒ずみ、くすみにも作用するのが愛肌ソープ、ジャウム配合のナチュラルソープです。

 

ジャウムだけではありません。実に30種類に及ぶ天然ハーブを使用しているため、肌への優しさは特筆ものです。

 

フローラルローズの魅惑的な香りで、大人の女性を優雅に演出してくれるのが、愛肌ソープの隠れた特長です。

 

 

価格 容量 評価
1,980円 80g あそこ,臭い,対策

 

ゴシゴシと洗い過ぎないように!

綺麗にしようと頑張り過ぎて、あそこを懸命に丁寧に丁寧に洗浄する女性がたくさんいますが、これに関しては落とし穴があります。

 

膣内では「デーデルライン桿菌」という名の善玉菌が常に活動しており、このデーデルライン桿菌が、膣の中をいつも酸性にキープして、さらに外部から病気の原因となる微生物などが入ってこないようにガードしています。簡単に言えば、この菌には自浄能力があるのです。

 

「清潔にする」という方向性自体は合っていますが、なにぶんデリケートな場所です。力を込めて洗浄し過ぎると、膣を保護するこの善玉菌まで殺してしまい、膣の中で炎症が発生しやすくなり、臭いが酷くなり、オリモノの分量が増加するようになってしまいます。さらに、黒ずみも招きます。

 

どうしても膣内を洗いたい場合は、次で紹介するような専用の膣内洗浄器を使いましょう。

体の持つ機能を強力サポート

膣の自浄機能を強化することで、自然にニオイ解消↓↓

インクリア

オリモノなどを原因とするデリケートゾーンのニオイに悩む女性は多いです。そんな悩める女性の強い味方になるのが、膣洗浄ジェルの「インクリア」です。
インクリアは産婦人科医もその開発プロジェクトに参加したということで、専門的な医療品というイメージがある洗浄ジェルです。1回1本使い切りタイプだけに、迷いなくご利用いただけます。そうした工夫の結果、インクリアの利用満足度が88%に達しました。

 

また、インクリアは膣内のpHバランスをキープする効果にも長けています。腟にとって理想とされる3.8〜4.5phの弱酸性を保つよう調合されており、膣内への細菌の侵入・増殖を防ぐ効果が非常に高いといえます。

 

インクリアを使用することで、膣の自浄作用力が高まり、自浄作用をサポートする役割がある乳酸が配合されており、ニオイの原因菌の増殖をしっかりガードします。

 

 

価格 容量 評価

3本:1,296円
10本:3,888円

1本:1.7g あそこ,臭い,対策

 

 

アソコの臭いを消す美容ケア商品|おすすめ人気ランキング

あそこを洗浄した後に、保湿・美容成分を配合した専用クリームのご紹介です。美白成分により、黒ずみの改善も期待できる商品もあります。

 

プリンセスアンダー

無添加デオドラントのプリンセスアンダーは、医薬部外品の純日本製デオドラントです。

 

プリンセスアンダーは、発汗抑制作用と脱臭効果の2本柱を軸としたデオドラントで、トラブルが多い女性のデリケートゾーンの悩みを解消すると同時に、皮膚トラブルを起こさないような低刺激美容成分を配合しています。

 

その成分には、「柿タンニン」など10種類にも及びますが、すべて天然成分で、皮膚へのダメージを最小限にとどめるよう工夫されています。

 

また、ダマスカスローズの香りは多くの女性にとって魅力的な香りで、プリンセスアンダーの利用者満足度は実に97%近くに及びます。「スキンケア大学」をはじめ、各種メディですでに取り上げており、この信頼と実績こそ、プリンセスアンダー魅力です。

 

 

価格 容量 評価
定期初回 980円 30g(約1ヶ月分) あそこ,臭い,対策

アクアデオ

女性のデリケートゾーンの悩みの解消を目的とした殺菌・制汗クリームのアクアデオは、日本の工場限定でのみ製造されており、安全基準が高いデオドラントです。

 

また、8種類の天然成分を配合した無香料クリームで、アクアデオを生んだ株式会社ユニオンバイテックは、殺菌検査を重視し、実に99.9%までその効果を実証しました。徹底的に殺菌したい方にはぜひご利用いただきたいデオドラントです。

 

クリームタイプですから、ひと塗りするだけでいつでもどこでも安心で、デリケートゾーンはもちろん、足、足裏、腋、手のひら、耳の裏などほぼ全身に使用することができます。

 

 

価格 容量 評価
定期 5,980円 30mg(約1ヶ月分) あそこ,臭い,対策

ピンキープラウド

近年注目が集まっているピンキープラウドは、オールインワンタイプのデリケートゾーン用美容液です。

 

デリケートゾーンのニオイに悩む女性の意見を反映した美容液で、プロのアロマテラピーでも用いられる8つの天然オイルを配合しており、抗菌効果が高いという特長があります。インドネシア古来の天然ハーブである「ジャムウ」を配合しており、女性の美と健康をケアしてくれます。

 

ピンキープラウドは、デリケートゾーンのニオイ対策はもちろん、腋のニオイのカット、さらには黒ずみの改善までその効力は及びます。加えて、肘の消臭まで効果を発揮するまさに「オールインワン美容液」なのです。

 

 

価格 容量 評価
3,534円 80ml(約1ヶ月分) あそこ,臭い,対策

フロプリー

不快なニオイのカット率が97.7%にも及ぶフロプリーは、サプリメントと専用ソープという2本柱で、女性のデリケートゾーンの悩みに真っ向から立ち向かいます。

 

デリケートゾーンをはじめとする体臭の原因となるのは、私たちにもなじみがある「アンモニア」です。あの悪臭をカットするだけの技術がそそがれているのが、フロプリーの最大の特長といえるでしょう。

 

サプリメントで身体の内側から、そして専用ソープで外側からも消臭にアプローチすることで、加齢やストレスの軽減による問題の解決が大きなメリットを生んでいます。各種メディアで紹介され、実際女性からの支持も高い商品です。

 

 

価格 容量 評価
定期 5,800円

サプリメント:90粒
専用ソープ:30ml

あそこ,臭い,対策

デオプラスラボ

デリケートゾーンのニオイのカットだけでなく、男性にとっても魅力的な香りを発散できるのが、デオ・パフュームクリームのデオプラスラボプラチナムです。

 

ニオイの原因菌を99.9%カットする強い除菌力があります。強い消臭効果は従来の40倍にも及ぶ柿タンニンが配合されているので、天然成分の柿タンニンなら肌への負担はほとんどありません。

 

また、除菌効果をもたらすのは低刺激のイソプロピルメチルフェノールです。低刺激だからこそ、デリケートゾーンだけでなく、腋や足裏のイヤなニオイの対策や、バストトップにも使用できます。

 

ニオイ除去、除菌、制汗、被膜、収れんという5ウェイの昨日を発揮するマルチデオドラントクリームです。

 

 

価格 容量 評価
定期 7,980円 30g(約1ヶ月分) あそこ,臭い,対策

プリンセスアンダーが1位の理由とは

プリンセスアンダーは、デオドラント部門(コスメ美容カテゴリー)で絶大な人気があります。デリケートゾーンのニオイの原因はいろいろありますが、中でも「乾燥」は盲点になります。

 

プリンセスアンダーは、その盲点を衝く10種類の潤い成分を配合しており、その効果は制汗、防臭、除菌と、ケアアイテムとして他とは一線を画します。。

 

デリケートゾーンだけでなく、アンダーヘアも一緒にケアできるのも魅力です。プリンセスアンダーは無期限返金保証制度も付帯されていますから、お試し感覚でもご利用いただけるのも魅力です。消臭力と人気で1位としました。

 

 

あそこに保湿が必要な理由

欧米各国と比較して、国内の性教育は大幅に遅れているそうです。実はあそこのケアについても、同じような事が言えます。欧米各国では、当然のように母親が娘にデリケートゾーンのケアの手段を伝えているそうです。

あそこのケアについて考える

日本人の国民性から考えて、母親から娘にあそこのケアの手段を伝える事が、おろそかになるのはある意味当然だとは思います。ですが、やはり女性にとってあそこのケアは重要ですし、密かにその事に興味を持っている女性は多いのです。

 

最近は、ことさら国内の女性の美に対する関心が高まっていて、それに伴いクリニックやサロンを利用する方が増加しています。そういった背景もありまして、デリケートゾーンのケアの手段や、アンダーヘアーの手入れの手段に関する「正解」が分かってきています。

 

ちなみに欧米各国では、デリケートゾーンのお手入れの事を「ピュビケア(ピュービックケア)」と言います。ここでいう「デリケートゾーンのお手入れ」には、アンダーヘアーに関するお手入れも入っています。

 

ピュビケアにおいて重要視される要素

ピュビケアでは、デリケートゾーンの保湿手段や洗い方、黒ずみ・くすみへの対応方法、そしてアンダーヘアーを整える事などに重点が置かれています。このようにピュビケアでは、デリケートゾーンのあらゆるケアが大切にされています。

 

女性の肌ケアや髪の毛のケアと同じ規模であると考えていただくとちょうど良いです。イタリアを代表とする欧米諸国のドラッグストアでは、ピュビケアに特化したコーナーが設置されるなど、日本に比べて大幅にピュビケアが浸透しています。

 

デリケートゾーンの保湿は非常に大切!その理由は?

ピュビケアにおいてここで特に注目したいのが、デリケートゾーンの潤いキープです。「分泌液などがあるし、そもそも潤いは十分なのでは?」と感じるかもしれませんが、それでも保湿を欠かす事はできません。

 

角質層が薄いため保湿が大切になる

一例として顔の皮膚は10層の角質層で構成されていると見られています。しかし、デリケートゾーンのそれは、5層前後しかありません。肌の表面から真皮までの「長さ」と角層の「厚さ」は比例すると言われていますので、層が少ない(薄い)ほど、一般的に言う「敏感肌」に該当しやすくなります。

 

つまり女性のあそこは、そのままの状態でも大変敏感なのです。「デリケートゾーン」という名称は、存外ピッタリなのです。

 

40代以上の女性は特に保湿を心がけて下さい

顔であれば、説明しました通り、角質層が厚いですし、皮脂を発生させて乾燥を防止する事も可能です。しかし、女性のあそこは存外乾きやすい部位と言えます。

 

なぜなら、布製のパンツなどがいつも分泌液を吸っていますし、排泄のたびにトイレットペーパーを使って分泌液も吸い取る事になるからです。ですから、一見潤いが十分なようでいて、乾燥してしまう可能性が高いのが、デリケートゾーンの弱点の1つと言えるのです。きちんと理解しておきましょう。

 

そして40代以上の女性のあそこは、ことさら乾きやすいと見られています。これは顔等の皮膚についても完全に同様です。40代に差し掛かったら、特に気を付けてデリケートゾーンに関する保湿などのケアを行いましょう。

 

一例としてトイレットペーパーを用いる折には、ただでさえ強い摩擦をさらに強くしないよう、抑えつけるような意識で利用して下さい。また近年では、デリケートゾーン用の保湿グッズも店で売っていますから、40代以上の女性も、若い女性もぜひ使用してみましょう。

 

あそこの保湿の方法

乾燥はデリケートゾーンの悪臭の要因の1つです。乾燥すると皮膚の保護機能が衰えて、雑菌が殖えやすくなります。ですから、デリケートゾーンの悪臭を和らげるためには、保湿が欠かせません。

どうしてあそこは乾燥しがちなのか

デリケートゾーンは分泌物などの影響で、潤っている場所というイメージがあるかもしれませんが、デリケートゾーンは存外乾きやすい部分です。分泌物などがありますから、見たり触ったりした感じでは潤っていても、細胞単位でデリケートゾーンをチェックすると、やはり顔の皮膚などよりも乾燥している場合が大半です。以下のような要因で、デリケートゾーンは乾燥してしまいます。

 

角質層の薄さも要因の1つ

角質層の薄さもデリケートゾーンの乾燥の要因の1つです。例えば顔の皮膚の角質層は10層前後ありますが、デリケートゾーンの場合5層前後しかありません。角質をスポンジのようなものと考えていただくと分かりやすいのですが、角質層が厚いほど保水力が豊かで、薄いと保水力が低い傾向にあるのです。同様の素材のスポンジであれば、薄いより厚い方が良いという単純な理屈なのです。

 

脱毛が乾燥を招く事も

また最近は、アンダーヘアーの脱毛を行う女性も増加しています。しかし、いくら脱毛の技術が進化しているとはいえ、脱毛をする際には、多かれ少なかれ肌への刺激が避けられません。肌への刺激とは、つまり角質層への刺激の事ですから、必然的にデリケートゾーンが乾きやすくなるのです。

 

保湿用品を適切に利用して高効率で保湿を

デリケートゾーンの悪臭に苦しんでいる女性がたくさんいるという事は、それだけデリケートゾーンが乾いてしまっている方がたくさんいると言えます。ですからもちろん、デリケートゾーン用の保湿用品も多く出回っています。しかし、間違った使用方法を採ると、かえって乾燥が悪化することになるので、基本を確実に抑えた上で利用して下さい。

 

デリケートゾーンを洗う方法

とにもかくにもまずは綺麗にしましょう。つまり、確実にデリケートゾーンを洗浄してから保湿を行う事が必須なのです。女性なら察しが付くでしょうが、考え方はスキンケアと同様です。ただし、乾燥しやすいわけですから、強酸性やアルカリ性の石鹸を用いたり、力を込めてゴシゴシ洗浄したりするのはNGです。

 

あそこを洗う際には、弱酸性の石鹸と使いましょう。それなら膣の中のペーハー値とマッチします。そして、すすぐ折には念入りに流して、石鹸が残存しないようにしましょう。ですが、とにかく力を込めては駄目なので、強い水力のシャワーを用いるのも止めましょう。「指で軽く洗浄し、優しく洗い流す」という事を厳守しましょう。また、敏感肌の場合はぬるま湯のみで洗浄して、石鹸は用いない方が安全かもしれません。

 

デリケートゾーンの保湿の順序

適切に洗う事ができたら、次はコットンなどにデリケートゾーン用美容液を含ませ、十全に保水します。そうしましたら、黒ずみケアのクリームを塗布しましょう。これで済ませてしまう方も存外たくさんいますが、「保水」と「保湿」は別物です。保湿を行う際は、「ワセリン」の利用を推奨します。例えばボクシング等で摩擦を防ぐために顔の肌に塗布されますが、あそこの保湿においても役立つのです。

 

ワセリンは大変安全度に秀でた成分で構成されているので、乳幼児の皮膚に使ってもOKです。そしてもちろん、あそこの保湿にも有効かつ安全なのです。ちなみに、ワセリンを用いた保湿は皮膚科では日常的に行われている行為です。心配でしたら、皮膚科でアドバイスをもらうと万全でしょうね。

 

石鹸やビデを使った洗浄には注意が必要

デリケートゾーンの悪臭が悩みの種になっている女性は大勢いると思います。ただ、その理由に関してはピンと来ていない方が大半です。むしろ「しっかり石鹸を用いて丁寧に洗っているのに」という方が多いのですが、実際は、それが悪影響を及ぼしている場合があります。

「石鹸」と「洗浄方法」がデリケートゾーンの悪臭の要因になり得る

あそこの悪臭が強い方ほど、それを解消しようとして洗浄能力の高い石鹸を使いがちです。そして、あそこを力を込めてゴシゴシ洗ってしまうのです。デリケートゾーンには様々なタイプの雑菌が常時住み着いており、その雑菌が悪臭の要因になる場合が大半を占めています。ですから、その雑菌を洗って除去する事により、臭いの改善を目指すというのも、方向性は誤ってはいません。

 

デーデルライン桿菌を洗い落とさない

臭いの要因となる雑菌を洗い落とすことそのものは、あそこの臭いの改善のためには良いと言えます。大切なのは、その洗い落とす「手段」なのです。悪臭の要因菌となるのも膣の中に常に住んでいる雑菌ですが、その要因菌の繁殖をブロックする雑菌も同時に膣の中に住んでおり、悪臭の要因菌と共に存在するのです。

 

つまり、デリケートゾーンの状態を良くする上で、プラスの菌(善玉菌と言います)が存在しているという事を知っておくことが大事です。その善玉菌を指して「デーデルライン桿菌」と言います。洗浄して綺麗な状態をキープする事は大切な臭いケアですが、このデーデルライン桿菌を巻き込んで洗い落としてしまうと、悪臭の要因菌が繁殖しやすくなるので、細心の注意を払いましょう。

 

ビデの利用に関しても気を付けましょう

女性のあそこは「造り」も大変複雑です。ですから、膣壁に付いている臭いの要因菌までもを指で落とすのは意外と困難です。そのような折に役立つのが、俗に言う「ビデ」です。現に、膣を洗うための道具の大半はビデで洗浄する事を奨励しています。

 

ただし、ビデで洗浄する際にも力を込め過ぎると、繊細な膣壁を傷つけてしまう可能性があります。膣壁が傷つくと、出血して、その血などの体液を触媒にして雑菌が殖えてしまいますので、気を付けましょう。

 

ビデや石鹸を用いるならとにかく「軽く」

膣洗浄用品やデリケートゾーン用の石鹸ならば悪臭が改善すると確信している女性はたくさんいると思います。しかし、膣の中の環境には各々で差異があるので、確かなことは言い切れない面もあります。

 

しかし女性の皆さんが共通して気を付けるべき点は確実にありまして、それは「洗浄能力があまりに高すぎる石鹸は用いない」という事です。デーデルライン桿菌を除去しないレベルの洗浄能力の石鹸を使いましょう。タイプとしては弱酸性のものが良いです。

 

ビデ洗浄の折も同様で、可能な限り軽く洗浄する事が重要です。膣壁は傷ができても、それが細かなものだと気付かない場合もあります。しかし雑菌が傷を見つけないはずがなく、そこを起点に繁殖を開始します。

 

ですから、どんなに微細な傷も作らないという心持ちで洗浄しましょう。ビデを使用するのであれば、指でする以上に軽く洗浄するより他ありません。また、肌が弱い女性であれば、ビデや石鹸はそもそも使わない方が良いかもしれません。洗い上がりが心配かもしれませんが、あそこの雑菌や臭いは、実はぬるま湯のみでも十全に落とす事が可能なのです。

 

「弱酸性」と「弱アルカリ性」のどちらを選択すべき?

あそこの悪臭ケア用の製品がたくさん出回っています。美容液にしても石鹸にしても、身体や顔に使うものとは異なり、「デリケートゾーン用」として販売されています。しかし石鹸の選び方に関しては、思っている以上に気を付けなければなりません。

デリケートゾーン用の石鹸に関して

あそこの臭いケアのために専用の石鹸を使っている女性はたくさんいると思います。それ自体は、当然正しい行為です。しかし、店売りの一般的な石鹸ですと、デリケートゾーンにとっては、洗浄能力や刺激が強力過ぎるので、膣の中の善玉菌まで除去してしまう事があります。

 

善玉菌には、あそこの臭いの要因となる悪玉菌が殖える事を防止する効果があります。つまり、善玉菌まで落としてしまうと、悪玉菌をしっかり落とせていたとしても、時間が経過するにつれ、また善玉菌が殖えてしまい、最終的にはやはり、あそこの臭いが悪化してしまうのです。ですから、まずは「デリケートゾーン用の石鹸」を使うという行為は間違っていません。石鹸だけでなく美容液についても同じことが言えます。

 

あそこには弱酸性の石鹸が向いているようですが…

基本的に、デリケートゾーン用の石鹸は「弱酸性」です。弱酸性ならば、膣の中のペーハー値とマッチするからです。似たようなペーハー値であれば、当然皮膚へのダメージも最小限に抑える事が可能なのです。しかし単純に弱酸性というだけでは、まだまだ安心するには足りません。

 

合成界面活性剤が大半の弱酸性石鹸に含まれている

ペーハー値だけを見れば弱酸性石鹸があそこに向いているというのは説明した通りです。しかし「弱酸性の石鹸の大半には合成界面活性剤が入っている」という事実が、新たな問題として浮かび上がります。

 

洗浄能力を上げるために合成界面活性剤が役立つという事は確かな事実です。しかし、洗浄能力が高く、なおかつ弱酸性だとしても、合成界面活性剤が入っていると、膣の中の善玉菌を除去してしまう可能性が高くなるのです。

 

ちなみに、合成界面活性剤を避ける場合は、弱酸性の皮膚の対になる弱アルカリ性の石鹸を使えば、汚れを綺麗にしやすくなります。しかし、弱アルカリ性の石鹸を使用してしまうと、ペーハー値が合いませんので、弱酸性の石鹸よりもダメージが大きくなってしまいます。

 

結局、女性は肌が強くない方が多いので、弱アルカリ性の石鹸は向かないと思います。そして、肌がそれなりに強い女性でも、力を込めてゴシゴシ洗浄してしまうと、皮膚に多大なダメージを負わせる事になるので、気を付けましょう。

 

弱酸性にも弱アルカリにも長所と短所がある

結局のところ、弱酸性の石鹸にも弱アルカリ性の石鹸にも、長所と短所があると言うことです。弱酸性ならばOKという事でもないですし、弱アルカリ性を避ければOKという事でもないのです。つまり、それほどデリケートゾーンのケアは単純ではないのです。色々試してみて、自分に合った石鹸と巡り合うのが良いでしょう。

 

〜コラム〜
女性にしかないものはいくつかありますが、特に気になるもののひとつが、あそこの臭いです。ここで、女性特有のあそこの臭いについて見ることにします。
■正常な時には臭う
あそこは膣内にいるデーデルライン桿菌と子宮と膣内の分泌物ですから、正常なおりものに変な臭いはありませんが、時には多少臭います。ただしこの臭いは嫌な臭いではなく、ある意味では女性らしい匂いです。おりものは生理の前後には排卵があるので、多少量が増えて臭いが強くなる傾向があります。
■異常なおりものは不快な臭いがする
アソコが不快な臭いになる時は、膣内で雑菌が増えている可能性があります。膣と膣周辺が汚れていると、雑菌が繁殖しやすい環境になり、膣内にいるデーデルライン桿菌が雑菌を防ぎきれず、異臭が発生します。また、ストレスや体調不良で女性ホルモンが乱れると、アソコの自浄作用が低下して雑菌が繁殖しやすくなります。また、抗生物質を服用した場合、肝心の殺菌とともにデーデルライン桿菌も殺菌されて、結果として雑菌が膣内で増殖して不快なあそこの臭いになります。
■石鹸やビデの使い過ぎも不快なあそこの臭いの原因
膣と膣周辺をきれいにしようとして石鹸などで洗い過ぎたり、ビデを使いすぎると、デーデルライン桿菌を含む必要なおりものが洗い流されてしまい、結果として膣の自浄作用が低下します。自浄作用が低下すると、雑菌のためにおりものが不快な臭いを発します。
■あそこの不快な臭いと膣の病気
あそこの臭いが不快で、同時におりものの色が黄色や緑色になり、形状がボロボロになったりして、さらに強い痒みを感じた場合は、膣の病気である可能性が大です。すなわち膣の炎症や感染症の疑いが濃厚ですから、痒みを我慢したりしないで婦人科で診察を受けましょう。なお、代表的な膣の病気には、膣カンジダ症やトリコモナス膣炎、細菌性膣炎などがあります。