重曹によるアソコのケアの有用性と危険性

 

最近日常の様々な場面で「重曹」が役立てられるようになってきています。例えば主婦であれば、山菜の「アク抜き」や掃除に用いている方も多いかもしれません。ここでは、あそこと重曹の関係について解説します。

 

重曹の正式な名前は「炭酸水素ナトリウム」です。

学校で習った方が大半かもしれませんが、重曹は「炭酸水素ナトリウム」の別名です。色々な働きを見せるという事を覚えておられる方もいるのではないでしょうか。

 

また、炭酸水素ナトリウムならば、非常に頑固な油汚れも落とせるという事を知っている方もたくさんいるはずです。

 

 

さらにベーキングパウダーや、冒頭で述べたアク抜きのような使い方で、料理に役立てる事もできます。最終的に口に入る料理という分野で、重宝されているのですから、炭酸水素ナトリウムの安全性を強く信頼している方も多いのではないでしょうか。

 

だからこそ繊細なあそこの汚れのケアも、炭酸水素ナトリウムでできるのではないか?と想像するのも自然な流れだと思います。

 

ですが、なんとなくの考えだけで本当に実行するのはリスクが高すぎますから、まずは炭酸水素ナトリウム、すなわち重曹の性質を確実に理解しましょう。

 

炭酸水素ナトリウムの性質

炭酸水素ナトリウムには、油を浮かせる作用があります。頑固な油汚れに有効な理由は、そこにあるのです。さらには排水口の臭いの軽減や、茶渋等のしつこい汚れにも効くとされていますので、あそこのケアに役立ちそうな感じも確かにします。

 

ですが、水に溶かした炭酸水素ナトリウムは、弱アルカリ性になります。そこに熱を加えて「炭酸ナトリウム」という個体になると、非常に強力なアルカリ性になります。

 

そして一方の膣の中は、大抵弱酸性にキープされていますから、炭酸水素ナトリウムであそこをケアするのは、良くないように感じます。

 

実際、膣洗浄液やあそこ用の石鹸はほとんどが弱酸性です。このような関係性を見ると、やはりあそこのケアに重曹を用いるのは非常にリスクが高いように感じると思います。

 

人によっては、想像と真逆になってしまったかもしれませんね。さて、実際のところはどうなのでしょうか?以下で説明していきます。

 

 

あそこに重曹を用いるのは一長一短!

確かにあそこに重曹を用いるデメリットはありますが、その実、メリットもあります。まずデメリットは、説明してきました通り「弱酸性」のあそこに重曹という「弱アルカリ性」のものを使うのは、皮膚への刺激が強いという事です。

 

特にあそこの場合は、臭いがかえって強烈になってしまう恐れもあります。ですが、あそこに重曹を使うメリットもちゃんとあります。その事に関しても紹介していきましょう。

 

あそこの黒ずみには重曹が効く!

たくさんの女性を苦しませる「あそこの黒ずみ」の要因は、メラニン色素が沈着してしまう事にあります。ですが実は、黒ずみは、あそことその周囲の皮膚のターンオーバーが安定していれば、ほぼ起こらないものなのです。

 

しかしターンオーバーが乱れていると、肌の角質化が進んで黒ずんでしまう事になります。

 

そして弱アルカリ性の物質、つまり重曹には、その角質を取り除く効果があるのです。そういう背景がありますから、臭いに関する悩みがほとんどなく、皮膚の強さに自信があるならば、黒ずみを取り除くために重曹を使ってみるというのは、かなり効果的だと思います。

 

ですが、安全度が比較的高いとはいえ、重曹が炭酸水素ナトリウムという化学物質である事に変わりはありませんから、慎重に判断した上で使うようにして下さい。黒ずんでいないのであれば、当然使う必要はありません。

 

>>>あそこの臭い対策|おすすめ人気ケア商品ランキング

関連ページ

あそこの臭いが病気を教えてくれる!?
あそこが臭い時の対策をお伝えします。ゴシゴシ無理に洗ってしまうと、逆に臭くなるアソコのニオイ。ニオイを完全に解消するために、市販で買える人気ケアグッズをランキングスタイルでお伝えします。
アソコはなぜかゆくなる?要因と対策
あそこが臭い時の対策をお伝えします。ゴシゴシ無理に洗ってしまうと、逆に臭くなるアソコのニオイ。ニオイを完全に解消するために、市販で買える人気ケアグッズをランキングスタイルでお伝えします。