すそわきがの要因を知って臭い対策

「すそわきが?ああ、わきがの別名かなあ」と思う方が多いかもしれませんが、実際は、すそわきがとは、女性のあそこが臭ってしまう症状の事を指します。

 

しかし、わきがと全く関連性がないわけでもなく(詳しい事は以下で説明します)、わきがと同様に「汗臭い」レベルを越えた「悪臭」と呼ぶべき臭いにまで達した場合に関してのみすそわきがと言います。

 

すそわきがになってしまう原因は?

「すそわきが」と「わきが」の発生源は似通っています。誰しも、発汗すれば少しはあそこや脇から汗臭さなどがするでしょう。

 

しかし、すそわきがやわきがの場合は「多少発汗してそこに細菌が付いて臭う」という表現では済まない、強烈な悪臭が生じてしまうため、人々を困らせているのです。

 

すそわきがやわきがの要因は「アポクリン汗腺」からの汗

すそわきがの際に悪臭と呼ぶべき酷い臭いがしてしまう原因は、脇の汗と同様の、「アポクリン汗腺」から出る汗です。

 

アポクリン汗腺は毛穴の奥部に存在していますから、あそこや脇の周りのあらゆる毛穴から臭いが発せられる事になってしまいます。それゆえ、臭いが非常に酷いのです。

 

アポクリン汗腺が集中している部位としては、あそこや脇以外にも、乳首の周囲などがあります。ですから、乳首の周囲からも悪臭がしてしまう場合があり、そのような症状の事も、あそこの場合と同じく「すそわきが」と言います。ちなみに「ちちが」と呼ぶ場合もあります。
また、アポクリン汗腺に関しては遺伝的要素が強いので、一人一人でその数量にやや幅があります。そしてアポクリン汗腺の数量の差異が、体臭のレベルの違いに大きく関係しています。

 

汗を分解する際に悪臭が生み出される

発汗すると、その成分は細菌類の働きで分解されますが、その際に独特の嫌な臭いが生み出されます。そしてアポクリン汗腺から出た汗は、普通の汗腺(エクリン汗腺)から出る汗とは成分が違い、分解する際に悪臭を生み出す成分が大量に入っています。

 

その成分の具体名は、脂肪、アンモニア、尿素などで、これらの成分が、皮脂腺から出てきた成分と混ざり合う事で、強烈な臭いを生み出してしまうのです。

 

 

すそわきがを改善するには?

すそわきがになってしまう仕組みは説明してきた通りです。繰り返しになりますが、とにかく悪臭の一番の要因はアポクリン汗腺です。

 

ほぼ遺伝で、アポクリン汗腺の数量が決定付けられるわけですから、すそわきがになってしまうか否かにも、遺伝が大きく関わっていると言えます。

 

となると、今さら遺伝に抗う事はできませんし、アポクリン汗腺を取り除くなどの大規模な事をするしか、すそわきがを解消する手段は無いように思えますが、実はそれだけが解決手段というわけではありません。日常生活を見直すだけでも、多少なりともすそわきがが良くなる可能性があります。

 

食生活をチェック!

生活習慣が引き金となって起こる、いわゆる「生活習慣病」に該当する病気はたくさんあります。すそわきががそれに該当するという事ではありませんが、身体の不具合である事に変わりはないので、生活習慣をチェックする意味はやはりあります。と言うよりも、チェックが必須です。

 

すそわきがに関しては、生活習慣の内の食生活を見直す事が特に重要です。実は、肉食中心の方は、わきがにもすそわきがにもなりやすいという事実があります。

 

すそわきがになりやすいのはいつ?

女性のすそわきがの症状は、ホルモンバランスが乱れたタイミングで生じる事が多いです。例えば、性交渉の後や生理期間中などです。

 

それを知っただけで解消できるわけではもちろんありませんが、すそわきがの性質をより深く知っておけば、改善の手掛かりになってくれるはずです。

 

関連ページ

セルフチェックですそわきが診断をしよう
あそこが臭い時の対策をお伝えします。ゴシゴシ無理に洗ってしまうと、逆に臭くなるアソコのニオイ。ニオイを完全に解消するために、市販で買える人気ケアグッズをランキングスタイルでお伝えします。