あそこの黒ずみの要因

あそこの黒ずみが気になり、とにかく何とかしようとあれもこれもと手を付けてしまうと、かえって黒ずみが悪化する場合もあります。まずは焦らず、黒ずみの要因を把握して、効率良くノーリスクで解決しましょう。

 

黒ずみの要因は誤解されがち

女性のあそこの黒ずみの要因は、かなり明確に分かっています。それにも関わらず、なぜか「性行為の頻度・回数が多いと黒ずみになる」という勘違いをしている方が多いです。

 

最初に分かっていただきたいのは、あそこの黒ずみと性行為の頻度・回数は、全くの無関係という事実です(よほど常軌を逸した方法を採れば話は別ですが)。

 

 

ですから、黒ずみが気掛かりだからといって、性行為の頻度や回数を減らす必要はありません。彼氏や旦那さんが上記のような勘違いをしているのであれば、しっかり正してあげましょう。

 

さて、あそこの黒ずみに関する勘違いがまずは解消されたはずです。さっそく具体的な黒ずみの解消方法へ、といきたいところですが、次は黒ずみが発生する本当の要因について紹介します。

 

 

あそこはなぜ黒ずむのか?

女性のあそこの黒ずみの要因は、大別して2つあります。

 

要因1 色々な原因によるメラニン色素の定着

女性が美容で気に掛ける事と言えば、やはりスキンケアの事だと思います。スキンケアの際には黒ずみのケアをする方も多いでしょうが、皮膚の黒ずみもあそこの黒ずみも、要因は同様で「メラニン」にあります。

 

ホルモンバランスが乱れたり老化が進んだりすると、メラニンが沈着しやすくなります。

 

老化した女性の皮膚にはシミが目立ち始めますが、これはメラニンが要因である場合が大半なのです。ともかく老化は、あそこの黒ずみにおいても無視してはいけない要素です。そして、ホルモンバランスが乱れる事でも、メラニンが沈着しやすくなります。

 

例えば体調を悪くしたり、生理がきたりした場合などです。ですから黒ずみを改善する際は、体調の管理も万全にしておくべきなのです。

 

要因2 下着が原因の摩擦

あそこは、下着によって保護されています。ただ、下着はあそこといつも触れ合っているとも言えるわけなので、自然と下着と擦れやすい部分であるとも言えます。

 

あそこは、その摩擦が要因となって黒ずむ事もあります。黒ずみを避けたいのであれば、きつめのジーンズは避けるですとか、化学繊維系の下着を避けるなどの工夫が必須です。

 

 

あそこも美白できる

最近は「美容皮膚科」という診療科のある医院が女性の人気を集めています。美容皮膚科であれば、メラニン色素の沈着をブロックできるクリームを出して、あそこの黒ずみ対策をしてくれる場合もあります。そしてそのクリームには「レチノイン」や「ハイドロキノン」が含まれている事が大半です。

 

さらに、ニキビの跡の改善などで重宝されている「ピーリング」という医療行為で、あそこの黒ずみを治せる場合もあります。そして非常に大掛かりな手段ですが、小陰唇を直接手術してしまうという手段もあります。

 

原則として、1度手術を行えば黒ずみが治るので、「あそこの黒ずみを確実に治したい!」という強い意思があるならば、手術も実は有効な手立てであると言えます。どのレベルで、どの範囲の改善をしたいかにより、あそこの美白手段を選択できる時代が到来しているのです。

 

関連ページ

独特のニオイの要因はオリモノにあり!?
あそこが臭い時の対策をお伝えします。ゴシゴシ無理に洗ってしまうと、逆に臭くなるアソコのニオイ。ニオイを完全に解消するために、市販で買える人気ケアグッズをランキングスタイルでお伝えします。
痛みとニオイを伴うデリケートゾーンのトラブルとは何か?
あそこが臭い時の対策をお伝えします。ゴシゴシ無理に洗ってしまうと、逆に臭くなるアソコのニオイ。ニオイを完全に解消するために、市販で買える人気ケアグッズをランキングスタイルでお伝えします。