痛みとニオイを伴うあそこのトラブルとは何か?

女性のあそこはあそことも呼ばれ、その名の通り繊細で様々なトラブルに見舞われやすい場所です。臭いに関しては多くの女性が悩んだことがあるでしょうが、臭いだけでなく痛みもある場合は、少し不安になりますよね……。

 

あそこの痛み、悪臭と性病・病気

女性のあそこは蒸れやすいため、かゆくなりやすい場所です。一応、自分一人の場合は掻いて一時的に問題を解決するのも悪くはないでしょう。しかし繊細な場所ですから、掻いたせいで痛みを招いてしまう場合が多々あります。

 

あそこのかゆみのケアは結構困難なものですが、可能な限り慎重に扱うべきであるという事をまずは念頭に置いてください。そして、このように要因(この場合は掻いた事)が明確な痛みではなく、ややタイプが異なる、心配になるような痛みに見舞われる場合もあります。そのような事態について解説していきます。

 

あそこが悪臭と痛みに見舞われる代表的な病気

あそこが痛くなる病気としては、大腸菌等が原因の細菌性疾患や、梅毒、性器ヘルペスなどが一番多いです。これらは、小陰唇や大陰唇の内部が痛くなるケースが大半です。また、嫌な臭いがする事も多々あります。悪臭と痛みが普段よりも明らかに酷いのであれば、これらの病気を疑ってください。早急に医療機関で診てもらいましょう。

 

悪臭と痛みに襲われるその他のあそこの病気

痛みと悪臭だけをヒントに、病気か否か、病気ならばどの病気なのかを自力で判断するのは困難です。ただ、代表的な候補はいくつか存在しますから、ご覧になって心当たりがあれば、病院で診てもらうようにして下さい。

 

性器ヘルペス

性器だけでなく、唇等にも感染するケースがあるのが、ヘルペスウイルスです。このウイルスに感染すると、ごく小さな水疱が発生します。この水疱を潰してしまうと、潰瘍に変化する恐れがあるので、つい潰したくはなるでしょうが、発見し次第早急に医療機関に出向く事を推奨します。潰して潰瘍になってしまうと、おしっこの時に激しく痛みますから、早めに治すのが最善です。

 

バルトリン腺炎とバルトリン腺膿腫

バルトリン腺に炎症が起きるのがバルトリン腺炎。炎症を通り越して、化膿してしまっているのがバルトリン腺膿腫です。抗生物質を飲めばバルトリン腺炎は解消する可能性が高いですが、炎症が酷くなったバルトリン腺膿腫だと、切って膿を出す事が必須です。

 

バルトリン腺炎であれば赤くなって、悪臭や痛みに見舞われる程度(それでも辛くはあります)ですが、バルトリン腺膿腫にまでなってしまうと、痛みというよりも激痛になってしまうケースが大半で、放置したままで治る事はほぼありません。

 

外陰潰瘍

女性器の外側に潰瘍が生じる病気は、全て外陰潰瘍と言います。細菌性のものを代表として、梅毒スピロヘータやヘルペスウイルス等に感染する事が要因となってかかってしまいます。もしもかかってしまったら、医療機関に出向くより他ありません。

 

それだけ激しい痛みに襲われる病気なのです。抗ウイルス剤、抗生物質を使った治療が主力となりますが、サポート役として軟膏を塗る治療を同時に行う事が大半です。

 

重大な病気

あそこが悪臭と痛みに見舞われる病気として、ここまで説明してきたもの以上に重大なものも存在します。中でも多いのが「外陰がん」です。この病気にかかると、オリモノがたくさん出たり、外陰部が傷んだり、あそこが臭ったりする場合が大半です。外陰がん以外にも、ページェット病という特殊で重い病気もあるので、異常を感じたら即座に病院に出向きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

あそこの黒ずみの要因
あそこが臭い時の対策をお伝えします。ゴシゴシ無理に洗ってしまうと、逆に臭くなるアソコのニオイ。ニオイを完全に解消するために、市販で買える人気ケアグッズをランキングスタイルでお伝えします。
独特のニオイの要因はオリモノにあり!?
あそこが臭い時の対策をお伝えします。ゴシゴシ無理に洗ってしまうと、逆に臭くなるアソコのニオイ。ニオイを完全に解消するために、市販で買える人気ケアグッズをランキングスタイルでお伝えします。