イビサソープ

イビサソープは、あそこの経血や汗等の臭いを、力強くケアしてくれる薬用の医薬部外品です。

 

除菌率99.999パーセント

イビサソープの主成分は「イソプロピルメチルフェノール」です。イソプロピルメチルフェノールなどのおかげで、イビサソープは除菌率99.999パーセントを達成しています。

 

「あそこの臭いの要因は経血や汗」という良くある捉え方も、間違いとは言いませんが、実際は、汗等によって発生する「雑菌」にこそ要因が潜んでいるのです。

 

 

そして、イビサソープの場合は「汗を止める」のではなく「除菌」するアイテムですから、あそこの臭いを根源からケアしてくれるはずです。

 

皮膚を安定させる作用・皮膚への安全性

グリチルリチン酸K2も入っており、このグリチルリチン酸K2が肌荒れなどを代表とする、様々な皮膚トラブルをケアしてくれます。

 

様々なビタミン成分やジャムウ成分が含有されており、これも皮膚の状態を安定させてくれます。

 

そして、イビサソープは空気と水の良い三重県で、厳しい衛星保全の下で製造されていますから、安全性に秀でており、皮膚に不要な刺激を及ぼす事も無ければ、それ以外の問題を生じさせる事もまずありません。

 

 

また「品質の良いアミノ酸成分」が洗浄成分となっているので、皮脂を取りすぎずに、あそこ等をケアする事ができます。

 

「皮脂は可能な限り除去した方が良いのでは?」と思うかもしれませんが、留めておくべき皮脂まで取ってしまうと、あそこの皮膚が乾燥したりダメージが蓄積したりして、かえって臭いが酷くなってしまう場合があります。

 

ちなみに常在菌に関して似たような事が言えまして、これに関しても取り過ぎは禁物です。ですが、イビサソープで適切に洗浄すればそれも勿論叶いますので安心です。

 

 

使い勝手にも優れています

イビサソープはとても簡単に使う事ができます。2〜3押し分掌に出し、あそこに塗布したら3分待ちます。

 

 

3分待ったら、お湯で流すだけで完了です。最初から泡で出てくるので、泡立てる必要はありません。

 

そして、あそこに留まらず全身の臭いが気掛かりな場所をケアできますので、浴室が道具で散らかる事もありません。

 

 

また、あそこケアのための道具には見えないパッケージになっていますので、知人と行くレジャー等にも堂々と持参していく事が可能です。

 

さらに、当然一年中使用可能ですし、シーズンによって使用手順を変更するような事もありません。

イビサソープの成分

薬用ダブル成分でハイパワー除菌

イビサソープの主成分は「薬用ダブル成分」のグリチルリチン酸K2と、イソプロピルメチルフェノールです。

 

まず、イソプロピルメチルフェノールには、防真菌、除菌、殺菌作用などがあるので、臭いを代表とする皮膚の色々なトラブルの要因となる、様々な真菌や菌を抑えてくれます。

 

そして、イソプロピルメチルフェノール等によって綺麗になった肌を炎症や荒れを、グリチルリチン酸K2がさらにケアしてくれます。

ちなみに、イソプロピルメチルフェノールは「皮膚の清浄・殺菌」効果のある医薬部外成分として、厚生労働省に認証されています。

 

それもあってか、イビサソープそのものも「皮膚の殺菌、清浄、身体の臭い防止、ニキビ防止」効果が期待できるアイテムとして、医薬部外品認証を受けています。

 

 

自然成分「ジャムウ」を6種含有

自然成分「ジャムウ」を6種含有しています。

・ハチミツ
潤いキープ作用や美肌作用があります。

 

・オウレンエキス、
消炎、殺菌、肌荒れ防止作用があります。

 

・オウバクエキス
殺菌、清浄、エイジングケア作用などがあります。

 

・茶エキス
臭いをケアしたり殺菌したりする効果があります。

 

・セイヨウハッカ葉エキス
鎮静効果、肌を安定させる効果、除菌効果などがあります。

 

・オトギリソウエキス
肌の潤いを保ったり、肌の状態を安定させたりする効果があります。

これらは自然成分であるため刺激がほぼ皆無であり、あそこを優しくケアしてくれます。

 

 

5種のビタミン成分を含有

5種のビタミン成分が含有されています。

・ビタミンA
ビタミンAがオイル状になって含有されています。代謝促進効果、保湿作用、潤いキープ作用などがあります。

 

・ビタミンE
天然のビタミンEが入っています。抗菌効果、エイジングケア効果、保湿・保水効果等があります。

 

・ビタミンC誘導体
ビタミンCの皮膚への浸透力をより向上させた成分である「ビタミンC誘導体」が、3種入っています。3種の成分が、コラーゲン作りの補助、美白、保湿などを行ってくれます。

 

添加物を極力排除しているから安全

イビサソープには、鉱物油、合成香料、着色料、パラベン、界面活性剤が入っていません。ですから、過敏な女性のあそこにも安全に用いる事ができます。乳幼児の肌にも使用できるほどに安全です。

 

 

そして、イビサソープにはアミノ酸系統の洗浄成分が採用されているので、皮膚の質に自信が無い人でも、安心してあそこの臭いをケアできます。

 

>>イビサソープの体験レビュー

 

こんなあなたに使って欲しい

あそこなどの臭いをケアしたい方

あそこの臭いの要因は汗と、汗が原因で繁殖してしまう菌にありますが、このアイテムの除菌率は99.999パーセントを誇りますので、臭いを元からケアする事が可能です。

 

そもそも普通の石鹸はあそこをケアするには刺激が大きいので、臭いがエスカレートしたり生じたりする恐れがありますし、肌が傷付いたり荒れたりしてしまう場合もあります。

 

ですが、イビサソープはあそこをケアする事を考えて開発されたので、刺激がほぼ皆無であり、臭いをエスカレートさせたり、肌の環境を悪化させたりする事がほぼありません。

 

 

肌質に自信が無い方

イビサソープは肌を刺激する添加物が最大限除外されているので、元来敏感肌であったり、乾燥肌であったり、石鹸で洗う事が多かったりして、肌が弱っている方にもお勧めです。ちなみに、赤ちゃんの皮膚にも用いる事が可能なほどです。

 

口コミ情報

 

彼氏との初めてのアレは、勢いでそのままという感じで突然の事だったので、シャワーなどであそこの臭いをケアしておくことが出来なかったんです。

 

そして彼氏が私のあそこに顔を近づけたんですが、すぐに離れたので、そこからちょっと居た堪れない空気になってしまったんです。

 

それからは、毎日朝と晩の入浴時にイビサソープを絶対に使う事にしました。やっぱりあそこの臭いは、いつでもしっかりケアされていないといけないんだと自覚しましたからね。

 

近頃のアレの折は、彼氏があそこに行ったきり、なかなか戻ってこなくなったのでケアが成功しているんだと思います。でもちょっと寂しい気も……?


 

私は職業柄真夏でもストッキングを身に付けなければなりません。ですから、あそこをメインとする汗が原因の蒸れや、臭いに悩まされてきました。

 

一番嫌だったのは、大切な場である商談室に入ったり、人が密集するエレベーターに乗ったりしている折などでした。その都度「臭いが周りにばれていたらどうしよう」と緊張していました。

 

もうこんな悩みからは解放されたいと願い、イビサソープでケアする事にしました。すると、あれほど酷かったあそこの臭いを、ほとんど分からなくなるくらいにケアする事ができました。


 

これまであそこは固形のデリケートソープで、身体は普通のボディ用ソープでケアしていました。

 

ですが、固形のデリケートソープはわざわざ泡立てるのが面倒だったんです。しかし、イビサソープは1〜2プッシュ分掌に出せば、そのままあそこなどをケアする事が可能なんです。

 

これは、泡状のソープだからこそ叶う事ですよね。使い勝手も良いですが、効果も高いと思います。

 

これまでは、生理中とその前後は相当あそこの臭いが酷かったのですが、それもかなりケアできています。

 

似たような事で困っている方は、ぜひ試してみて欲しいですね。